収益物件情報サイト|多様化してきた投資術

マンション

新たな投資方法を知ろう

電卓

投資は多様化しています

不動産投資の手法が広がっています。以前は中古ワンルームマンション等の収益物件を保有して家賃収入を得るということがポピュラーでしたが、最近では、中古ワンルームマンション等の収益物件を保有するだけが不動産投資の方法ではなくなってきました。金融商品の発達により、上場不動産投資信託が登場し、数万円から数十万円でも不動産投資の恩恵を受けることができるようになりました。上場不動産投資信託の場合には、保有している収益物件の所有権を直接保有できているわけではありません。上場不動産投資信託のように投資口を小口化しながらも、収益物件の所有権が得られるという投資商品もあります。それが不動産特定共同事業といわれるものです。

確定申告が必要です

これはマンションを保有するような感覚で投資口を持ちます。その持ち分に応じて家賃収入を受け取ることができ、さらに一部を売却した際には売却代金も受け取ることができます。上場不動産投資信託の場合には、税金関係は基本的に売却益が出た時や分配金を受け取った際に所得税及び住民税が源泉されて完結しますが、不動産特定共同事業の場合には、確定申告をする必要が出てきます。そのため、確定申告による恩恵、つまり青色申告等の適用を受けることもできます。資産運用のために、何となく中古ワンルームマンションへ投資をしようと考えていたのであれば、上場不動産投資信託や不動産特定共同事業の投資商品と比較検討してみることをお勧めします。

不動産投資は人気上昇中

集合住宅

不動産投資は今ではサラリーマンが副業で行える時代です。収益物件を探すには、部屋御間取りや広さによって戦法を変える必要があります。単身者向けは、需要が多く駅に近いなど利便性を、ファミリー向けは、施設充実を考慮することが大事です。

More Detail

スムーズに借入を行おう

グラフ

収益物件を購入するための借入を行う際には、3つのポイントで金融機関に融資を申し込むことが重要です。融資の申し込み前にキャッシングは返済しておくこと、収益物件の管轄エリア内になる金融機関に申し込むこと、信用組合や信用金庫も選択肢に入れることを踏まえることで、スムーズに融資を受けられます。

More Detail

両方に投資をしてみよう

夫婦

収益物件にも投資をし、上場不動産投資信託にも投資をすれば、資産運用全体において流動性と運用効率の高さが兼ねそろえられることになります。上場不動産投資信託を少しずつ購入しながら、優良な収益物件の情報が出た際にはすぐに動けるようにしておくとよいです。

More Detail